太陽と月の男が なにもしない

もう走らねぇんじゃないのかな?よく判らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

晴天の霹靂

819-346_Web.jpg
嫁と二人で見てきた。

自分の立ち位置からすると劇団ひとり演じる主人公の親父の立場なんだが、
大泉洋の主人公の方に感情移入して泣いちまったよ。

嫁は主人公を産む際に死んでしまう、母親の柴咲コウに感情移入してたんだろうな。
グズグズに泣きまくってた。

凄い記録を作るような映画じゃないだろうけど、いい映画だった。
見に行ってよかった。
スポンサーサイト
別窓 | 家族の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<XR100R | 太陽と月の男が なにもしない | 小屋 5号>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 太陽と月の男が なにもしない |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。