太陽と月の男が なにもしない

もう走らねぇんじゃないのかな?よく判らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

PFP製クレアスクーピーシートカバー張替え

すぐに、破れてしまう純正シート。
汎用のシートカバーでは綺麗に仕上がらないですね。

タッカー(ホチキスのでっかいの)で止める専用品のシートカバーを付けてみました。


RIMG0202_20100907191314.jpg
前のNTB製のときの画像ですが同じなので使いまわし。

RIMG0203_20100907191314.jpg
タッカーのピンをマイナスドライバーで全部、起こしていきます。

RIMG0205_20100907191313.jpg
起きたピンをプライヤーで取り除きます。

RIMG0632_20100930191157.jpg
裸になったシート、ほとんどの場合これくらいは汚れてます。

RIMG0634_20100930191156.jpg
今回はPFP製シートカバーを使いました。

RIMG0635_20100930191155.jpg
中心の印は無いと思ってたんですが、微妙に布地が凹んでる所が中心のようです。
そことシートの中心を合わせ仮止めします。

RIMG0636_20100930191155.jpg
後ろも同じ要領で仮止め。

RIMG0637.jpg
ホームセンターなんかに売ってるハンドタッカーです。
根気良くやれば、こんな安物でも何とかなります。

ピンの無駄打ちは、かなりの数が出ますが・・・

RIMG0639.jpg
前の方から、ギューギュー引っ張ってシワを無くしながらタッカーを打ちます。

左右を均等に順序良くやっていかないとイビツになってしまうので注意が必要。

RIMG0640.jpg
表に有るシワを引っ張って裏側に持ってくる、と言うイメージで・・・
裏側はシワシワのクチャクチャでも誰も見ませんから。

RIMG0642_20100930192018.jpg
出来上がり。

これまでNTB製、PFP製の2メーカーの物を作業してみましたが

作業しやすく、品質の良いNTB製。

作業にはかなりのコツが必要だが、安いPFP製。

と言った感じですね。
どちらにもメリット、デメリットは有ります。


スポンサーサイト
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ジョルノクレア、基本整備 | 太陽と月の男が なにもしない | また、クレアスクーピーです。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 太陽と月の男が なにもしない |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。