太陽と月の男が なにもしない

もう走らねぇんじゃないのかな?よく判らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

自家用ジョルノクレアをちょっとイジってみた。

今日は、予定作業が無かったので
自家用のジョルノクレアに手を入れてみた。

まず、プーリーをスクーピーのディスクブレーキ仕様車と同じ加工を施した。

組み上げて、郵便局に発送の荷物を持って行きがてらテスト走行。
まず、いつもテストで走る農道で走ってみる。

元は、ええkm位しか出なかった場所で、おわkmまで出る。
(おお、いいじゃん!!)

で、大きい通りで郵便局まで行く。

平地で、おえkm位。ちょい下りで、やわkm位まで確認。

ま、加速は2stには敵わないが、充分使える。
それに、最大の目的は実は燃費のアップにあるんだ。

実際に街乗りで走ってる50ccのスクーターって、えわkm~ええkm位で走ってると思うんだけど
その時ノーマルのエンジンは、かなり高回転で回ってるので燃費が良くない。と思う。

で、プーリーの変速幅を増やして走行中の実ギア比を上げて
エンジンの回転数を落としてやろうと言うのが本来の目的なんです。

実際、巡航時のエンジン回転はすごく低く抑える事が出来ている。
タコメーターが付いてないので、確認できてないんだけど
音が全然、違ってて静かだった。

今度、カイのCRFに付けてるデジタルメーターを流用してテストしてみよう。

RIMG0294.jpg
その後、タイヤがズベズベに減っていたのでカイのCRFのお下がりのBT39SSを

RIMG0293.jpg
前にも

RIMG0292_20100831190444.jpg
後ろにも装着。

前後共ソフトコンパウンドなので、あっという間に減ってしまうらしい。
売るのもどうかなと言う感じだったので自家使用となった。

このタイヤはレース使用を前提にしている物なので
乗り易さは度外視しているようだ。

直立時にはタイヤ接地面が少なく、バンク時には接地面が増える
ダブルアール構造?なのかな。・・・走行してる内に磨り減ってそうなったのか?

とにかく、倒し込みの初期にフラッと急に倒れてビックリする。
いざ、深いバンク角になると、グリップ感もしっかりしてて不安は無い。

タイヤ外径が微妙に違うが、ほぼ問題にならない位の違いだ。
人にお勧めは出来ないが自家用ジョルノクレアはカイのお下がりの受け入れ先に定着しそうだ。

明日は仕入れの旅。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。よろしければクリックしていってくださいませ。
スポンサーサイト
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<小屋二号の扉を作る。 | 太陽と月の男が なにもしない | ディオフィット 2台完成。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 太陽と月の男が なにもしない |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。