太陽と月の男が なにもしない

もう走らねぇんじゃないのかな?よく判らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

アンレーベル製CBR250Rカップ用スリップオンマフラー

P1150481.jpg
アンレーベルさんから、ついにCBR250Rカップ用のマフラーが販売されるようです。

6月30日リリースとの事。



シーズン始まったばかりで皆さん、暗中模索でCBRを走らせてる訳ですが
アンレーベルのマフラーは、みっちり開発して実戦でも速さを証明している逸品です。


フルエキゾーストと違ってCBRカップはフロントパイプを純正の物を使用するので
ピークパワーは各社、ほとんど差は無くなってくると思われます。

じゃ、なんで
ストレートの差が出てくるのか?

ざっくり言うとパワーバンドの広さの違いですね。


鈴鹿で一番タイムに響く所は2コーナーからS字の上り区間でどれだけ加速できるか?
に尽きると思うんですが

S字の上りや、ストレート区間にギアレシオを合わせると、どうしてもシケインやヘアピンの立ち上がりが
回転が落ちてしまって加速しません。

でもシケインはメインストレートの長い全開区間の始まりなので出来るだけ速い脱出速度が欲しい。
ピークパワーが同じなら低速域のトルクで上回ってるマフラーの方が脱出速度は速くなる訳です。


多分、現在市場にあるマフラーの中で最もパワー特性に優れているマフラーが
アンレーベル製マフラーだ。というふうに私は思ってます。

いや、実感ですね。

現状での最速マフラーだと。断言しておきましょう。





↑画像クリックで アンレーベルホームページに飛びます。






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | CBR250R | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

オンシーズン中だが、瓶割山オフロードパーク

P1150988.jpg

この日、生駒ではカイの出る予定だったレースが有りましたが・・・
ウチの家族は瓶割山にいました。


マジで金銭的に困窮しているのだ。


P1150991.jpg
マシンはXR70Rのみ。

ルカ、カイ、交代で乗る。



P1150995.jpg
サイズ的には、カイがジャストサイズ。かな?

P1150997.jpg
ルカが乗ると小さすぎる。

前にも書いた気がするんだけど・・

フラットダートでもオンロードに応用できる事を練習する余地はある。


コーナー進入でフロントタイヤを地面に喰らい付かせてフロントのグリップを最大限に引き出す。

これができていれば倒し込みでリアが滑り出すはずなんだ。

できてなければフロントが滑る。

一目瞭然で走りの欠点が露呈する。

P1160004.jpg
ルカはターンインでフロントが滑ったり、リアが滑ったり。
まちまちだ。

私から見てテクニック的には完成度50パーセントって所だ。

まぁ、ガツガツ走り込んでほしいね。


カイは出口でしかタイヤを滑らせることができない。
たまに進入でリアを滑らせる事もあるが、まだまだ。
完成度20パーセント。



P1160009.jpg
お互いのライディングの悪口を言い合う兄弟。

そして、カイが乗ってる最中に、またスポークが折れた。
かなりの数。

で3時半ころに撤収。

『ほら、だから前に折れた時に全部新品に換えとけ!

って言っただろ?』


という声が聞こえてきそうだ。


あ~、鬱になる。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村


別窓 | 瓶割山 | コメント:2 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

2012鈴鹿サンデーロードレース第3戦 ルカCBR250Rカップ 予選、決勝

画像が、無い。

土日、父の心にゆとりが無かったのでカメラを一回も構えてなかった。
帰ってから気が付いたよ。

さて、土曜の朝、特スポ。
雨だった。

予選が雨かもしれないので、レインタイヤで走る。
サスのセットはドライ時よりイニシャルを抜くくらいしかできない。

3分12秒とかだったかな?
タイム的にトップ連中との差がドライ時より縮まった。

どこが変わったかというと、リアの残ストロークが10mm程残っていた事か。
立ち上がりでスロットル全開にすると、フロントが逃げるという症状が出なかったらしい。

このセットのまま、予選も走る事に・・・


予選もウェット。

転倒のリスクを避けたかったので全力走行はしないでくれ。と指示してコースイン。

他車と絡んでペースアップできなかったと総合14番手、CBRクラス5番手で予選終了。


アンダーステアは、かなり解消されているらしい。
雨だと曲がる。

やはり、リアの残ストロークは10mm弱残っている。
コレくらいがイイ感じなんだろう。

ドライでも、この辺にストローク位置を持っていきたい。


ここまでのデータを検証してファイナルレシオとサスのセットを見直し、新さんと二人で作業し、決勝に備える。

で、決勝。

アンレーベルさん、モンキーライダーさん、Yちゃん。チーム関係の方たちが応援に来てくれて戦力アップ。

8周のレースはスタートした。

スタートはソコソコ成功したが、1コーナーの進入で抜かれまくった。

絶対、転倒は駄目!!と言われていたので、接触を避ける為に必要以上に引いてしまったらしい。

で、序盤は今まで試したことの無いセッティングだったので全力では走らなかった。んだそうだ。

3周目終わりで21番手まで順位を下げたところから
少しずつペースアップ。

マシンのストレートスピードを利用して前走車をパス。

直線番長の名を欲しいままにして総合16位、CBR勢5位でチェッカーを受けた。



今回、判った事は・・・
アンレーベルさん、のマフラーはパワー的に優位が有るという事。

マジカルレーシングさんのカウルは軽いのでアドバンテージが有るという事。

XAMさんのスプロケットが無ければパワーを生かす事ができなかった。という事。

ベビーフェイスさん、のステップはポジション的に乗りやすいらしい。という事。

関係各社様、手伝ってくれた皆さん。ありがとうございました。
ジワジワと前進して行きたいと思います。今後もよろしくお願いします。


マシンは、とても速かった。
鈴鹿のリザルトに各ライダーのタイムや最高速が記録されてるが

終始、VTR250のスリップストリームに入っていた、コーヘイが最高速トップだったが
2位はルカだった。

ラップタイム的には遠く及ばないが、マシンは速かった。
とりあえず、マップの書き換えもしてないドノーマル状態でアンレーベルのマフラーとスプロケの選定をしただけなんだが・・・

マフラーのお陰だ。と私は思っている。

もうしばらくしたら ぱわあくらふとに今年の最終ロットのCBR250が何台か入ってくるはずなので、興味の有る方は問い合わせしてみてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
別窓 | 鈴鹿サーキット | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 太陽と月の男が なにもしない | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。