太陽と月の男が なにもしない

もう走らねぇんじゃないのかな?よく判らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ジョルノクレア、基本整備

RIMG0655.jpg
今回はジョルノクレアの番です。

RIMG0657_20100930193647.jpg
まず、手近なところからエアークリーナーボックスのフィルターを

RIMG0663_20100930193646.jpg
かなり汚れてますね。

RIMG0664_20100930193645.jpg
圧縮空気で埃を吹き飛ばします。
そこそこ、綺麗になりますよ。

RIMG0667.jpg
例によって、キックが非常に重いです。踏むと帰ってこない。

RIMG0668_20100930193644.jpg
ここも、ダストだらけ・・・

RIMG0672_20100930194233.jpg
ウェイトローラーをチェックすると、かなり段減りしてます。
このままだと最高速も落ちますし、ギア比が落ちてしまうので燃費も悪くなります。

RIMG0674_20100930194232.jpg
信頼性の高い、NTB製ウェイトローラーを使います。
NTBの謳い文句によると純正以上の精度と耐久性があるらしいです。

RIMG0676.jpg
可動部にシリコングリスを塗布して拭き取り。スベスベのサラサラにしてスムーズに変速するようにします。

RIMG0677.jpg
キックのギア部を洗浄し、シャフトのみにグリスを塗ります。
ギアにはグリスではなく、シリコンオイルを塗布して拭き取ります。

RIMG0678.jpg
ギアにグリスを塗ると後々、ゴミがこびりついてキックが重くなってしまいます。

RIMG0679.jpg
プラグをチェック。電極が減って丸くなってます。
パワーダウン、燃費の悪化の原因です。

RIMG0680.jpg
新品プラグです。

RIMG0682.jpg
新品装着。

RIMG0685.jpg
水冷エンジンなのでラジエーターが付いてますが

RIMG0686.jpg
少々、埃が詰まっています。オーバーヒートの原因になるかもしれません。

RIMG0687.jpg
圧縮空気で吹き飛ばしました。

RIMG0694_20101008073949.jpg
エンジンオイルを抜きます。

RIMG0697_20101008073948.jpg
オイル補充。

オイル ウルトラE1
使用オイルは ホンダ純正 ウルトラE1 スクーター専用オイルです。

RIMG0699_20101008073947.jpg
ゲージの上限線の、ほんの少し下までオイルを入れます。

RIMG0700_20101008073947.jpg
これはリアブレーキシュー。
残量はOKでしょう。


RIMG0809.jpg
フロントの方の残量もOKでした。

RIMG0701_20101008075814.jpg
ラジエーター液のチェックOK。

RIMG0702.jpg
ちょっと判りにくいですが、ラジエーターリザーブタンクの液量OK。

全体をチェック完了し、試運転で問題なければ出品しています。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。よろしければクリックしていってくださいませ。
スポンサーサイト
別窓 | 仕事 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

PFP製クレアスクーピーシートカバー張替え

すぐに、破れてしまう純正シート。
汎用のシートカバーでは綺麗に仕上がらないですね。

タッカー(ホチキスのでっかいの)で止める専用品のシートカバーを付けてみました。


RIMG0202_20100907191314.jpg
前のNTB製のときの画像ですが同じなので使いまわし。

RIMG0203_20100907191314.jpg
タッカーのピンをマイナスドライバーで全部、起こしていきます。

RIMG0205_20100907191313.jpg
起きたピンをプライヤーで取り除きます。

RIMG0632_20100930191157.jpg
裸になったシート、ほとんどの場合これくらいは汚れてます。

RIMG0634_20100930191156.jpg
今回はPFP製シートカバーを使いました。

RIMG0635_20100930191155.jpg
中心の印は無いと思ってたんですが、微妙に布地が凹んでる所が中心のようです。
そことシートの中心を合わせ仮止めします。

RIMG0636_20100930191155.jpg
後ろも同じ要領で仮止め。

RIMG0637.jpg
ホームセンターなんかに売ってるハンドタッカーです。
根気良くやれば、こんな安物でも何とかなります。

ピンの無駄打ちは、かなりの数が出ますが・・・

RIMG0639.jpg
前の方から、ギューギュー引っ張ってシワを無くしながらタッカーを打ちます。

左右を均等に順序良くやっていかないとイビツになってしまうので注意が必要。

RIMG0640.jpg
表に有るシワを引っ張って裏側に持ってくる、と言うイメージで・・・
裏側はシワシワのクチャクチャでも誰も見ませんから。

RIMG0642_20100930192018.jpg
出来上がり。

これまでNTB製、PFP製の2メーカーの物を作業してみましたが

作業しやすく、品質の良いNTB製。

作業にはかなりのコツが必要だが、安いPFP製。

と言った感じですね。
どちらにもメリット、デメリットは有ります。


別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

また、クレアスクーピーです。

RIMG0585.jpg
毎度おなじみのクレアスクーピーでございます。

RIMG0586.jpg
まず、オイルを抜きます。

RIMG0587.jpg
バッテリーが使えるのかどうか充電してみます。
結果的に、使えるバッテリーで充電後はセルでエンジン始動も出来ました。

RIMG0592_20100929201053.jpg
オイル補充します。

RIMG0017_20100916201657.jpg
使用オイルは、ホンダ純正 ウルトラ E1 スクーター専用オイルです。

RIMG0593.jpg
上限線のほんのチョイ下までオイルを入れます。

RIMG0594.jpg
プラグをチェック。
電極が丸くなって(減っている)ました。

パワーダウン、燃費悪化の原因になります。

RIMG0597.jpg
新品プラグを

RIMG0604.jpg
取り付けます。

RIMG0605.jpg
エアークリーナーに埃が詰まってましたので、

RIMG0606.jpg
圧縮空気で埃を吹き飛ばします。

これ、同じ部分の画像です。

RIMG0607_20100929201825.jpg
キックペダルの動きが重かったので

RIMG0608.jpg
この部分を洗浄し、シャフトのみにグリスを塗布。

ギア部分はグリスを塗ると、後々ゴミが付着して余計にキックの動きが悪くなるので
シリコンオイルを塗った後、拭き取ります。この部分はサラサラにしておかないとダメです。

RIMG0609.jpg
変速の要、ウェイトローラー。
あまり減ってなかった。低走行車なのかな?

RIMG0611_20100929202752.jpg
そのまま再使用する事にしました。

スライドピース可動部、ウェイトローラーの当たる部分にシリコングリスを塗って拭き取り。
可動部分がスムーズに動くように

RIMG0612.jpg
これはフロントブレーキシュー。
まだ、残量はOKでしょう。

RIMG0614.jpg
エンジン横のラジエーター。

RIMG0616.jpg
埃が詰まっています。オーバーヒートの原因になります。
スクーピー、ズーマーは良くこうなってしまっている車両を見かけます。

RIMG0617.jpg
これも、圧縮空気で吹き飛ばします。

取れにくい時は、歯ブラシで擦ってやります。
あまり力を入れると冷却フィンを傷めるので程々に

RIMG0620_20100929203850.jpg
ラジエーターの冷却水をチェック。OK。

RIMG0630_20100929203849.jpg
ラジエーターリザーブタンクもOK。

RIMG0629_20100929203849.jpg
これは、リアブレーキシュー。
残量はまだまだOKでしょう。

RIMG0634.jpg
シートの表皮が破れていて汎用カバーが付いていました。

PFPと言うメーカーの張替え用シートカバーを使います。

RIMG0642.jpg
貼り付け後、そこそこ綺麗にできました。

RIMG0645.jpg
ハンドルのグリップが傷付いて汚れも酷かったので

RIMG0644.jpg
左右とも

RIMG0646.jpg
ホンダ純正の新品に交換します。社外品の安い物は黒いのしか無かった。

RIMG0647.jpg
スクーピーには茶色が似合うと思うので純正にしました。

RIMG0648.jpg
アクセルグリップ(右側)

RIMG0649.jpg
左側。きれいですね。

私に出来る部分は全てチェックしました。
この後、試運転してみて問題が無ければ出品となります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。よろしければクリックしていってくださいませ。


別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 太陽と月の男が なにもしない | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。