太陽と月の男が なにもしない

もう走らねぇんじゃないのかな?よく判らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クレアスクーピー 入魂!です。

今回、出品しましたスクーピーのエンジンオーバーホールの様子です。
実動車両でしたがエンジンを掛けると微妙にベアリングの『ギュイ~~~ン』と言う、あの音が
そのままでも行けそうでしたがベアリング交換することにしました。

手間暇かけてます。お金もかかってます。

P1020199_20110208075326.jpg
まずは、車体からエンジンを下ろします。

P1020201.jpg
クランクケースの様子。綺麗な物でした。

P1020202.jpg
シリンダー。あまり減っていません。
低走行だったようです。

P1020204.jpg
シリンダーヘッドをアルカリ系カーボン落としで煮込みます。

P1020205.jpg
その間にダメになっているベアリングを交換。

P1020209.jpg
抜けました。

カムギア側は痛んでないようでしたので、そのまま使います。
駆動系側はストレスの掛かる度合いが高いのでこちらが先に痛んできます。

P1020211.jpg
専用工具でベアリングを入れていきます。今回は駆動系側のみの交換で済みました。

P1020214.jpg
カーボン落としで洗浄したピストンです。
まるで新品みたいになりました。

P1020212.jpg
ピストンリングは新品に交換します。

P1020215.jpg
新品と同様の性能が期待できます。

P1020216.jpg
クランクシャフトのオイルシールを新品に交換。

P1020217.jpg
カムチェーン。左が付いていた物、右が新品です。
チェーン消耗品です。伸びてしまうとバルブタイミングが狂い本来の性能が発揮できなくなります。

P1020218.jpg
少し伸びています。新品に交換しました。

P1020219.jpg
洗浄終了したシリンダーヘッド。
綺麗に汚れが落ちています。

ここの汚れは不完全燃焼や圧縮漏れの原因になりパワーダウンや燃費の悪化に繋がります。

P1020220.jpg
バルブの擦り合わせをします。
圧縮漏れを防ぐ効果が有ります。

P1020221.jpg
バルブステムシールを新品に交換します。

ココがダメになるとエンジンオイルが燃焼室に入ってしまい
マフラーから白煙を噴いたりします。オイルも勝手に減ってしまうしエンジンに良くないです。

P1020222.jpg
この緑色のゴムがバルブステムシール。
小さいけど重要部品です。

P1020224.jpg
スクーピーの構造上仕方ない事ですが
ラジエーターの表面にホコリが溜まってしまいます。
このままだとオーバーヒートの原因になります。

P1020226.jpg
歯ブラシで擦って圧縮エアで吹き飛ばします。
新品みたいには出来ませんが必要充分でしょう。

P1020227.jpg
点火プラグは消耗品です。
使い込んでいくと火花を飛ばす部分の角が丸くなり点火が弱くなります。

新品に交換しました。

P1020230.jpg
マフラーのガスケット。
コレは新品にしなくても普通に走れるんですが前オーナーが、ズレたまま装着してダメになっていました。

新品に交換しました。

P1020231.jpg
エアークリーナーは元々かなり綺麗でした。
圧縮エアで汚れを飛ばしてそのまま使います。

オイル ウルトラE1
エンジンオイルはホンダ純正スクーター専用オイル。『ウルトラE1』

P1020232.jpg

P1020234.jpg
レベルゲージの満タン、ちょい下まで補充。

P1020235.jpg
グリップが汚かったので

9833.jpg
ホンダ純正の新品に交換。

P1020236.jpg
フロントサスペンション。
だいたいこんな感じでグリスとホコリの混ざったカスがこびり付いて動きが悪くなってます。

P1020237.jpg
シリコンオイルを使って綺麗にします。
ちゃんと動くようになります。

P1020238.jpg

P1020229.jpg
前後のブレーキシューをチェック。問題ありませんでした。

P1020313.jpg
PFP製のウェイトローラー新品です。

P1020315.jpg
この部品は擦り減ると最高速が落ちて燃費も悪くなります。

後、破れたシートの張替えをしたんですが画像取り忘れました。

P1020272.jpg
外装を磨き組み立てて完成。

バッテリーは上がってます。最初はセルも回ってエンジン掛かっていましたので新品に交換すれば大丈夫です。

ヤフオク出品中です。即決なら6万円。バッテリーを新品にすれば6万6千円です。
中古バイク屋さんで8~9万円で売ってる物より絶対良い物だと思います。
魂込めて作り上げました。

スポンサーサイト
別窓 | クレアスクーピー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クレアスクーピーです。

P1020123.jpg
コレは実動車です。
エンジンは異音も無く快調そのものです。

点検整備します。

P1020125.jpg
エアークリーナーエレメント少々汚れはありますが圧縮エアでホコリを吹き飛ばしました。
性能的には充分だと思います。

P1020126.jpg
ウェイトローラーとVベルト、コレはかなり消耗してたので新品に交換しました。

P1020127.jpg
ウェイトローラーはNTB製

P1020128.jpg
VベルトはPFP製

オイル ウルトラE1
ホンダの純正指定オイル『ウルトラE1』を入れます。

P1020131.jpg
こんな感じで

P1020132.jpg
ゲージの満タンちょい下にしています。

P1020133.jpg
プラグも消耗品です。
電極がすり減って丸くなっていくと火花が弱くなりパワーダウン、燃費の悪化を招きます。

新品に交換しました。

P1020134.jpg
フロントサスペンションの可動部にグリスのカスが固まって動きが悪くなる場合があります。
シリコンオイルを使って綺麗にしています。

スムーズに動くようになります。

P1020135.jpg
外装を磨いて、破れたシートはNTBの張替えシートカバーを使って再生しました。

綺麗に出来上がった。と思います。

試乗でも平地で60kmでましたし、調子は良いです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。よろしければクリックしていってくださいませ。
別窓 | クレアスクーピー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クレアスクーピー 珍しい?スカイブルー かわいいなぁ

63fc.jpg
ちょっと、珍しい色のスクーピーです。
スカイブルー?って言うのかな?

かわいい。と思う。

エンジンを掛けると例の『ギュイィイイ~~ン』と言う音が

間違いなくクランクシャフトサイドベアリングの磨耗が進んでいる音だ。


P1010856.jpg
なので、エンジンオイルを抜き

P1010861.jpg
サクッとエンジン単体に

P1010866.jpg
エンジンの他の部分は、かなり綺麗。
異音が有る以外は、とても程度が良い。

P1010867.jpg
シリンダーヘッドも綺麗。

P1010868.jpg
燃焼室はさすがに真っ黒ですが
これは誰のバイクでもこんな物です。

P1010871.jpg
ピストンもカーボン溜まってます。

後、ピストンリングの下にもカーボンが付着していたので
ピストンリングの消耗が有ると判断しました。

P1010870.jpg
カーボン除去の為、アルカリクリーナーに浸けて煮ます。

P1010873.jpg
シリンダーです。綺麗なもんです。

ヘッドが仕上がるまでにクランクとシリンダーをやっつけます。

P1010874.jpg
ダメージの有るベアリングを特殊工具で抜きます。

P1010875.jpg
裸になったクランクシャフト。

コイツ自身の中にオイル通路が有るのでソコを徹底洗浄します。

P1010876.jpg
ホンダ純正部品です。クランクシャフトサイドベアリング。

P1010877.jpg
これまた、特殊工具ではめ込みます。

P1010879.jpg
カムスプロケットの位置が狂うとエンジンが壊れてしまいますので
狂わないようにマーキングしてはめ込みます。

これも特殊工具が必要です。

P1010881.jpg
洗浄終了したピストン。
綺麗でしょ。新品みたい。

P1010882.jpg
ピストンリングは新品に交換。

P1010883.jpg
クランクシャフトの左右のオイルシールを念の為新品に交換。


P1010884.jpg
洗浄したシリンダーヘッドを仕上げます。

バルブを擦り合わせして、

P1010885.jpg
バルブステムシール新品を

P1010886.jpg
はめます。

P1010887.jpg
オイルフィルター。
汚れてますね。茶漉しみたいな物ですから

P1010888.jpg
洗浄して再使用可能。

P1010891.jpg
シリンダーヘッドガスケットはもちろん新品。

P1010893.jpg
マフラーのガスケットがズレてねじ込んだ後が有り変形していました。
コレは良くやるミスです。そのままだと排気漏れしてパワーダウンします。

P1010894.jpg
新品に交換しました。

P1010895.jpg
エアークリーナーエレメント。
コレは元々仕入れたときに付いていた物ですが新品みたいな綺麗な物でした。

画像には無いのですがウェイトローラーとVベルトはあまり減っていなかったので
そのまま再使用しています。

試乗では59kmくらいまで出ましたので問題無さそうです。


8526.jpg
良い感じに仕上がったと思います。
異音も無くなりました。とても調子よいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。よろしければクリックしていってくださいませ。
別窓 | クレアスクーピー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ジョルノクレア 出ます。

P1010983.jpg
仕入れてきた状態のジョルノクレア。
外装は非常に綺麗な部類です。ウチの自家用ジョルノクレアとえらい違い。

しかし、試乗してみると少々調子が悪い。
エンジンの加速感も鈍いし、52km位しか出ない。

さて、整備してみます。

P1010985.jpg
まずはオイル交換。

オイル ウルトラE1
使用オイルは『ホンダ純正ウルトラE1』スクーター専用オイル。

P1010987.jpg
レベルゲージの上限ちょい下まで補充。

P1010991.jpg
続いて変速機の要ウェイトローラー。
磨り減って段が付いてしまっています。

P1010995.jpg
こればかりは新品に変えるしか無い。

P1010996.jpg
NTB製のウェイトローラーとPFP製のVベルト。

P1010997.jpg
セットで新品に交換します。

P1010999.jpg
エアークリーナーエレメント。
かなり汚れていますが・・・

P1020002.jpg
これは圧縮エアで汚れを吹き飛ばしました。
性能的には充分です。

P1020003.jpg
プラグをチェック。

P1020008.jpg
プラグキャップの抜け止めのピンが内部で脱落していました。
エンジンに力が無かったのは、これのせい?

P1020009.jpg
ウチの在庫の車両から部品取りしました。

P1020012.jpg
中古ですが問題無い物に交換。

P1020005.jpg
プラグも新品に交換。

P1020013.jpg
完成しました。

試乗でも60kmキッチリ出るようになりましたし
エンジンの加速感も本来の物に戻りました。

ソコソコ綺麗だし、調子も良い。
ウチの自家用車にしたい位ですがね・・・


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。よろしければクリックしていってくださいませ。
別窓 | クレアスクーピー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クレアスクーピデジタルメーター車

P1010556.jpg
今回はクレアスクーピー デジタルメーター仕様車です。

エンジンは掛かって普通に走る物でした。
試乗で56kmくらでしたが、整備してドコまで回復するでしょうか?

別窓 | クレアスクーピー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 太陽と月の男が なにもしない | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。